整形外科と接骨院の違いは何ですか?

整形外科は、医師が骨・関節などの骨格系、それを取り囲む筋肉、それらを支配する神経系からなる運動器の疾患や外傷(けが)を診断・治療いたします。
診察による理学所見とレントゲン等の画像所見をもとに診断し、症状や病態にあわせて投薬、注射、リハビリテーション等で治療します。
接骨院(整骨院)は、柔道整復師が外傷に対しマッサージや物理療法などの施術を行ないます。
柔道整復師は医師ではなく、あん摩マッサージ師・はり灸師と同じ医療類似行為の資格です。
そのため、薬の処方や注射はできません。
また、接骨院ではレントゲン検査もできないため、痛みなどの原因を診断するには、まず整形外科を受診することをお勧めします。