どんな人が骨粗鬆症(骨粗しょう症)になりやすいのですか?

骨は、骨を作る細胞(骨芽細胞)と骨を壊す細胞(破骨細胞)がバランスよく機能し、古い骨から新しい骨へと日々変化していきます。
そして女性ホルモンは破骨細胞の機能を抑制する作用があります。
そのため女性は50歳を過ぎたあたりより女性ホルモンが低下し、破骨細胞が活性化され骨が壊されていきます。
これを閉経後骨粗鬆症といいます。
骨粗鬆症の大多数は、女性ホルモンの低下がもたらす閉経後骨粗鬆症です。
つまり50~60歳以上の女性はすべて骨粗鬆症となっている可能性が高いのです。
その他にも、糖尿病の方、腎臓疾患や透析中の方、関節リウマチの方、ステロイドを内服している方などは骨粗鬆症になりやすいため、男性だから安心という訳ではありません。
骨粗鬆症は治療することによって骨折のリスクを大幅に減らすことができますので何なりと御相談ください。